乳癌などの病気をすぐに治療しよう|医療機関の利用が鍵

ナース

少しの刺激でも痛い

女性看護師

痛風というのは、非常に強い痛みが特徴の病気です。その痛みというのは、最初に足の親指の付け根に起こりやすいといった傾向があります。また、最初の発作では1ヶ所の関節に起こるのですが、2回目以降は2ヶ所以上の関節に起こるといった特徴を持っているのです。こうした発作は非常に強いものですが、発作が治まってしまえばその後は特に何もありません。そのため完治したと勘違いしまう人もいるのですが、治ったわけではないので1〜2年後にまた発症することも多いのです。ですので痛風になった場合には、根本的な治療を行う必要があります。また、痛みと同時に高熱が出るのも特徴の1つでしょう。中年以後の男性に多く発症する傾向があります。

痛風の治療というのは、高尿酸血症の治療が主となります。しかし治療を開始してから、血液中の尿酸濃度と組織液中の尿酸濃度が安定するまでは、数ヶ月かかるのが一般的です。そのため治療を開始してから半年くらいの間は、痛風発作を起こす可能性が高いのです。そこでやっておきたいのが、アルコールや激しい運動を控えるということです。というのもこうしたものは、発作を引き起こす引き金となることが多いのです。痛風というと食事の面にばかり気がいきがちになるのですが、食事よりもアルコールや運動を控えた方が効果的となっています。ですので尿酸濃度が安定するまでは、こうしたものを控えると発作の回数が減るといった傾向が見られます。

Copyright© 2016 乳癌などの病気をすぐに治療しよう|医療機関の利用が鍵 All Rights Reserved.