乳癌などの病気をすぐに治療しよう|医療機関の利用が鍵

ナース

どのようなものなのか

医者と看護師

今後どう変わっていくのか

腰椎椎間板ヘルニアの治療には、コルセットを使用することも多いものです。しかしコルセットを着用していると何かと動きにくく、日常生活に不便をもたらすことも少なくありません。そこで今後は、もっと柔軟性の高いコルセットが登場してくるのではないでしょうか。そもそもコルセットは、腰に負担がかからないようにしているものです。ですので素材や形などを工夫することによって、もっと動きに制限のないものも作れるような気がします。そうしたものができれば腰椎椎間板ヘルニアでも活動範囲が広げられますし、治療も苦ではなくなっていくでしょう。特に慢性の場合など、多少の痛みなら我慢してしまう人も多いですが、これなら治療を進んで受ける人も増えるような気がします。

注意したいこととは

腰椎椎間板ヘルニアには、慢性のものと急性のものとがあります。慢性の場合には痛みは激しくありませんが、経過が長く数ヶ月もの間続くことも少なくありません。また、途中で急性の症状を起こすこともあるのです。それに対し急性の腰椎椎間板ヘルニアの場合には、急激な激しい痛みが特徴となっています。どちらの場合にも注意しておきたいのは、痛みが出たときには無理に動かないということです。早く病院へと気持ちが焦ることもありますが、治療よりもまずは安静が一番大切となっています。そのとき体をエビのように丸めて、横たわる体勢にするのが腰に負担をかけずに済みます。ここで無理に動いてしまうと症状を悪化させてしまうこともあるので、注意しておきたいところです。

Copyright© 2016 乳癌などの病気をすぐに治療しよう|医療機関の利用が鍵 All Rights Reserved.